toggle
JSTS 2021 – ONLINE
JSTS 2019
Japan Seminar on Technology for Sustainability 2021 持続可能な社会構築への貢献のための科学技術に関する日本セミナー2021
JSTS 2021 main icons from SDGs 17

The Japan Seminar on Technology for Sustainability 2021 (JSTS 2021) will be hosted by the National Institute of Technology (KOSEN). The National Institute of Technology, Fukushima College will organize the seminar and the co-sponsors will be Nagaoka University of Technology and Toyohashi University of Technology. The main objectives of the seminar is to improve the students’ global communication skills as well as to develop the skills and abilities that are required of future global leaders in a diverse society. This will be done through the use of group workshops and various exchange activities based on the SDGs.
In the “post COVID-19 era”, countries will reopen their borders so that international exchanges will once again occur. Along with the movement of people, the movement of goods and services will also begin to flow easier. One lesson that nations and businesses learned by the Covid-19 pandemic was the risk of relying too heavily on imports. Consequently, it is important for these players to develop systems and infrastructures that will protect their economies from any further global pandemics. Moving forward, the need to have citizens who have strong international communication skills and the ability to understand different cultures will increase. JSTS 2021 aims to improve the IT literacy of its participants. In addition, participants will examine the different problems that occurred due to Covid-19 in their respective countries and local areas, and will develop solutions to them. These problems and solutions will then be presented in a short documentary. This activity will be within the framework of the UNESCO SDGs.

JSTS 2021(持続可能な社会構築への貢献のための科学技術に関する日本セミナー2021)は、国立高等専門学校機構が主催、長岡技術科学大学・豊橋技術科学大学が共催、福島高専が開催担当となり、SDGs17 をベースとしたグループでのワークショップや様々な交流活動をとおしてグローバルリーダーに不可欠なグローバルコミュニケーション能力と多様な集団で協働する能力の向上を目指します。
Afterコロナ時代は、現在の鎖国状態が緩和され、国際交流が活発化することが考えられています。さらに、これまでのように特定の国や地域からの輸入に頼ることへのリスクがあることが明らかになったので、生産拠点や取引先を世界各国に配置することでリスク分散や研究開発のレベルアップを図る傾向が進んでいくことが予想されます。このことから、人と技術のグローバル化を見据えて、英語での国際的なコミュニケーション能力や異文化を理解する力が高くエンジニアとしてSDGsマインドセットを備えた人財を育成する必要があります。また、コロナ禍において、日本ではITが活用されていない現状が明らかになりました。在宅勤務が浸透しても押印のためだけに出社する会社員が多数いることが様々なメディアで連日報道されました、このことから、オンラインセミナー形式でJSTS 2021を開催することでITリテラシーの向上を図ります。
JSTS 2021では、地域の問題を見つめなおし、SDGs17をベースとした解決策を考え、ドキュメンタリームービーを作成する活動をとおして、SDGsの実践を行います。

Date 開催日程

From Monday, 13th, September, 2021 to Friday, 17th, September, 2021
2021年9月13日(月)から2021年9月17日(金)

* Facilitator Training for 3 days
ファシリテーター研修 3日間

Wednesday, 25th,August, 2021
令和3年8月25日(水)

Wednesday, 1st, September, 2021
令和3年9月1日(水)

Wednesday, 8st, September, 2021
令和3年9月8日(水)

Hosting method 開催方法

Online
オンラインセミナー

Main Broadcasting place 配信会場

National Institute of Technology (KOSEN), Fukushima College
Active Learning Space A/B
30 Nagao, Kamiarakawa, Taira, Iwaki, Fukushima 9708034, Japan
福島工業高等専門学校 アクティブラーニングスペースA/B
〒970-8034 福島県いわき市平上荒川字長尾30

Topic メインテーマ

To cultivate engineers who can be competitive in a globalized world and contribute to developing a sustainable society after/during the post COVID-19 era.
After/Withコロナ時代のグローバル社会で持続可能な社会発展に貢献する人材育成

This seminar series aims to teach the 17 basic SDGs. Based on this knowledge, the seminar participants will form small groups of 5-6 members and will produce a short documentary movie which will focus on local problems and the challenges associated with developing a sustainable society. In addition, each group will put forth possible solutions to these challenges. Through discussions and group work, the participants, who come from various backgrounds and nations, will experience and learn how to create new values and lives after/within the COVID 19 era based on the 17 SDGs. The main targets will be economic activities, education, medical systems and resilient infrastructures.
このセミナーでは講義をとおしてSDGsの基礎を学び、それをふまえて少人数のチームでグループワークを行います。グループワークでは、SDGs17の項目に沿った身近な視点での問題提起を行い、その解決策を考え、そのことについてドキュメンタリー映画(ショートムービー)を作成します。世界の同世代の学生と一緒に、英語でディスカッションを行いながら、SDGsの視点でAfter/Withコロナ社会の価値観となる企業活動・学校教育・医療制度・インフラなどを考えることで、SDGsの実践を経験します。